スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<セクハラ>派遣先に賠償命令 使用者責任を認定…奈良地裁(毎日新聞)

 派遣されていた工場で上司にセクハラされたとして、東京の人材派遣会社の女性社員が、菓子メーカー「味覚糖」(大阪市)などに慰謝料など約700万円を求めた訴訟の判決が15日、奈良地裁であった。一谷好文裁判長は上司に対する使用者責任を認め、同社に77万円の支払いを命じた。派遣会社への請求は棄却した。専門家によると、派遣社員へのセクハラで、派遣先への賠償命令は異例。

 判決などによると、女性は05年12月に奈良工場(奈良県大和郡山市)に派遣され、あめの袋詰めや検品などを担当。07年9月ごろから、上司のサブリーダーに携帯電話の番号を教えるよう何度も求められ、「エッチしよう」などと言われたり、体を触られたりした。女性は08年6月、抑うつ神経症と診断され、現在も休職中。同年12月に提訴した当日、上司は自殺した。女性は09年7月に労災認定を受けた。

 判決は、派遣会社への賠償請求について、味覚糖側に女性の要望を伝えるなどセクハラ対策を講じていたなどとして棄却した。

 派遣労働者へのセクハラ訴訟で派遣先の責任が認められたのは、日本航空に対する東京地裁判決(03年8月)などわずかしかない。

 味覚糖人事総務部は「判決文を見ていないのでコメントは差し控えたい」としている。【高瀬浩平、岡奈津希】

【関連ニュース】
セクハラ:愛知県吉良町の副町長 指摘受け退職願を提出
可児のセクハラ解嘱請求:男性民生委員が辞任 /岐阜
連合群馬:女性の労働相談ダイヤルを開設 /群馬
雇用機会均等法:昨年度相談232件 セクハラ依然最多の130件--労働局 /山形
吉良町副町長セクハラ:町長減給処分、議会で可決 /愛知

前副知事ら起訴内容認める=県町村会汚職で初公判―福岡地裁(時事通信)
南アW杯 いざ初戦!日本サポーターも集結(毎日新聞)
“ショタ”サイト活発化で警察当局が本腰 歪んだ性に走るマニアたちの告白(産経新聞)
振興銀事件 偽装取引を承認 取締役会、SFCGに持ち掛け(産経新聞)
関東甲信、東北南部で梅雨入り=気象庁(時事通信)
スポンサーサイト

【小鳩退場】「次の首相いない」「国民の恥」(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相と小沢一郎幹事長辞任に批判や同情の声が上がった。

 鳩山氏の地元、北海道室蘭市の眼鏡店主、関口昭一さん(59)は「驚いたし非常に残念。政権交代したばかりだし、もう少し長い目で見てほしかった」。小沢氏の地元、岩手県奥州市の主婦、佐々木タカ子さん(65)は「自分のことだけを考える人。あまり地元を思ってくれなかった」と語った。

 一方、東京都内。JR新宿駅で、渋谷区の会社役員、槍沢直人さん(44)は「子ども手当の財源など全く裏づけがなかった。お粗末過ぎた」。名古屋から修学旅行中の中学3年、山本有莉さん(15)は「母は『今の政権になって景気が悪化した』といつも言っている。私のお小遣いも千円減った。2人が辞めることで景気がよくなってほしい」と訴えた。

 JR池袋駅にいた杉並区の会社員、吉田勇二さん(62)は「民主党に投票したのは失敗だった。まさか外国人参政権に乗り出すとは。政治資金の問題は許容範囲を超えていた」。

 銀座の雑踏では神奈川県厚木市の会社員、小杉恵四郎さん(57)が「次の首相? いません、残念ながら。有力候補は野党時代に党首になって失敗した人ばかりだし」。新宿区の歯科医、津徳亮成さん(25)はJR渋谷駅の近くで「とにかく安定した政権を望む。ここまで政権投げ出しが続くのは、国民として恥ずかしい」と話した。

【関連記事】
小沢軍団 変わらぬ本質 「数は力」
「権力」掌握だけが目的だった水と油の「小鳩」関係
4日に代表選と組閣 菅副総理が先行 海江田氏擁立論も浮上
「国民が聞く耳持たなくなった」 最後まで“宇宙人”
カネ問題 真相は闇のまま 献金・土地・北教組…

裁判員裁判 自称「ラインハルト」に実刑(産経新聞)
「未払い願」を悪用 首都高料金未払い100回 詐欺で会社員逮捕(産経新聞)
「これからも徹底抗議」=徳之島・伊仙町長(時事通信)
<貧困ビジネス>受給敷金を吸い上げ、生活保護費を食い物に 詐欺容疑で逮捕(毎日新聞)
横断歩行者はね2人死傷=信号無視、容疑で男逮捕―兵庫県警(時事通信)

大相撲、暴力団観戦 文科副大臣「遺憾に思う」(産経新聞)

 日本相撲協会の陸奥生活指導部長(元大関霧島)らは27日、同協会を所管する文部科学省を訪れ、同省幹部に「(券が)ちゃんとしたルートで、ちゃんとした方に渡っているか確認していきたい」と釈明した。

 陸奥部長らはスポーツ・青少年局の布村幸彦局長らに一連の問題を説明。これに対し、布村局長らは「不祥事が相次ぎ、国民も心配している。不祥事を一つの糧として、生まれ変わった気持ちで取り組んでほしい」と要請した。

 また、鈴木寛・文科副大臣は同日の定例記者会見で「まだこういう話が出てくるのかと遺憾に思う」と述べ、協会を批判。「一刻も早く根本的にガバナンス(統治)を再構築をしてもらわないと、国技を担う協会として大変な問題だ」と指摘した。

【関連記事】
床山と幕下力士を聴取 相撲協会、賭博報道で
木瀬親方は戸惑いの表情
「重く受け止める」と相撲協会指導部長 文科省訪れ釈明
戦後初の部屋取りつぶし 求められる綿密な暴力排除対策 大相撲
暴力団の大相撲観戦問題 「社会的に許容できず、極めて遺憾」 警察庁長官 
虐待が子供に与える「傷」とは?

オーナーらに40億貸し付け=会員預託金を流用か―岡本倶楽部の不透明資金(時事通信)
ネットに個人情報公開され…退職や懲戒処分も(読売新聞)
事業仕分け 4割強が「一者応札」 建設8団体(産経新聞)
宮崎・口蹄疫 えびの市沈静化か(産経新聞)
「金魚検定」博士いまだゼロ、修士・学士も新設(読売新聞)

レクサス・ハンドル設定変更、ズレ90度近くに(読売新聞)

 トヨタ自動車の高級ブランド「レクサス」の4車種で同社が国土交通省へのリコール届け出を決めた問題で、昨年秋に対象の4車種をマイナーチェンジした際、ハンドルを電子制御する「ギア比可変ステアリングシステム(VGRS)」の設定を変更したため、最大15度程度だったハンドル操作の「ずれ」が、90度近くにまで拡大していたことがわかった。

 同じトラブルが米国で1件報告されていることも判明。トヨタは対象となるハイブリッド車の「LS600hL」など4車種について、21日にリコールを届け出るとともに、米国でも同時にリコールを届け出る準備を進めている。

 トヨタなどによると、対象の4車種では、ハンドルを左右いずれかにいっぱい切った状態から、手で戻そうとすると、VGRSの制御の影響で違和感があるとユーザーからクレームがあった。このため、VGRSの制御コンピューターのプログラムを変更して、急なハンドル操作の際、VGRSの制御を遅らせるように設定した結果、ハンドルの位置が最大90度近くまでずれるようになったという。

 変更後のコンピューターは昨年秋以降に外装などの装備類をマイナーチェンジした車種から使用しているが、それ以前に販売したVGRS搭載車でも、ユーザーからの要望があれば、制御コンピューターを取り換える作業を行ったという。これらの対象台数は、部品交換を行ったケースも含め国内で約500台に上る。

 トヨタによると、VGRSを交換するコンピューター本体を確保するのに時間がかかるため、交換作業が整うまでの間、ユーザーに対し、〈1〉急ハンドルのような素早い戻し操作を避ける〈2〉位置がずれた場合は、進行方向に注意し、急発進や急加速は行わない――などを呼び掛ける。

袋詰め女性に保険金=淀川堤防遺体-大阪府警(時事通信)
党員、100万人割れ確実=野党転落響く―自民(時事通信)
経営形態の見直しを提言=総務省の郵政専門委(時事通信)
40代自殺の増加幅最大=20~30代は過去最悪-12年連続3万人超・警察庁(時事通信)
千葉・白井でパチンコ店強盗、360万円奪う(読売新聞)

<市民後見人>支援・養成の自治体7% 取り組みに差(毎日新聞)

 認知症の高齢者や知的・精神障害者を支える「市民後見人」の養成や支援を行っている自治体が全体の約7%にとどまっていることが日本弁護士連合会の調査で分かった。今年4月で開始10年を迎えた成年後見制度には、社会全体で高齢者らを支援していこうとの理念があるが、自治体間で取り組みに大きな差が生じている。【伊藤一郎】

 成年後見制度では、家庭裁判所が親族のほか司法書士、弁護士などの専門家を後見人に選ぶことが多い。一方で、身寄りがなく高額な財産管理を必要としないようなケースでは、身近な市民が継続的に見守るべきだとの考え方から、市民後見人が想定されてきた。

 日弁連は昨年12月~今年1月、都道府県を通じて全市区町村にアンケートを実施。回答した366自治体のうち市民後見人について「養成、支援や啓発事業を行っている」としたのは24自治体だけだった。「実施していない」と回答したのは342自治体で、「現段階でニーズが感じられない」(54自治体)との理由が最多だった。

 厚生労働省や最高裁家庭局によると、全国の認知症患者は推計約200万人、知的・精神障害者は約130万人に上り、昨年末現在の成年後見制度の利用者は、全体でも約13万人しかいない。

 日弁連高齢者・障害者の権利に関する委員会の橋本治子弁護士は「ニーズがないわけではない。自治体の姿勢には、予算や人材不足を理由とした腰の重さを感じる」と話す。

 成年後見人全体に占める市民後見人の割合は、日本の場合、わずか1%程度。92年に制度を導入した先進地ドイツでは15%に達している。

 日本の先進地・東京都世田谷区は06年度から「区民成年後見人養成研修」を実施している。09年度までに51人が研修を終え、24人が実際に後見人に選任された。

 研修を経て、80代の男女の後見人を務める元会社員の伊豆康夫さん(67)は「お世話する方に『ありがとう』と言われたり、笑顔を見たりするとやりがいを実感する。市民後見は、親族より冷静に、専門家よりきめ細かくケアできる」と話す。

 制度に詳しい新井誠・筑波大法科大学院教授は「法律に自治体の責務が明記されていないため、取り組みに格差が生じている。地域福祉の観点から当然制度の普及に努めるべきだ。専用の相談窓口をつくるなど利用者の潜在的ニーズをすくい上げ、市民後見人の養成に積極的に取り組んでいく必要がある」と指摘している。

 ◇ことば 成年後見制度

 禁治産制度に代わる制度として00年4月にスタートした。本人の判断能力に応じて「後見」「保佐」「補助」の3種類があり、本人に代わって財産管理や介護施設への入所手続きなどを行う。市民後見人は資格不要で、希望者が自治体の研修で法律や実務などを学ぶ。家裁は自治体の推薦を受けて市民後見人を選任し、監督も行う。報酬は申し立てがあった場合に家裁が本人の財産状況に応じて決定する。

橋下知事、神戸空港民営化「兵庫県と神戸市で頑張って」(産経新聞)
介護マンション詐欺容疑、会社社長ら聴取(読売新聞)
反捕鯨SS船長、27日に初公判 東京地裁(産経新聞)
抗生物質の売り上げ減などで医療用医薬品0.5%減―塩野義(医療介護CBニュース)
【2010参院選 比例代表 予想の顔ぶれと情勢】弱み抱える民・自…比例は混沌(産経新聞)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。