スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<国公立大>2次試験前期日程始まる 22万9741人受験(毎日新聞)

 文部科学省は25日に始まった国公立大2次試験前期日程の1時限目の受験者が、149大学502学部で22万9741人だったと発表した。欠席率は5.2%で前年度と同じだった。交通機関の遅れの影響を受けた受験生の試験時間を1時間繰り下げた大学が1校あった。

【関連ニュース】
国公立大2次試験:前期日程、東海地方でも始まる
国公立大2次試験:看護、教員…資格取得の学部が人気
国公立大2次試験:前期日程始まる
国公立大入試:確定倍率は4.9倍 7年ぶり志願者増
明治大:志願者数日本一に 早大のV12阻止

<鳩山首相>ハーグ条約 批准準備に意欲示す(毎日新聞)
エレベーター強盗、女性殴り現金奪う 大阪・北区のマンション(産経新聞)
なぜ妻の料理はまずいのか ネットで夫たち「暴露大会」 (J-CASTニュース)
ハイチ復興支援に100万円寄付 ジャパン・カインドネス協会(産経新聞)
メディカルツーリズムで「医療ビザ」の発行を(医療介護CBニュース)
スポンサーサイト

新作用機序のがん治療薬の独占開発・販売でライセンス契約―中外(医療介護CBニュース)

 中外製薬は2月19日、大腸がん、卵巣がんを対象に新しい作用メカニズムであるヘッジホッグ経路阻害剤「RG3616」の開発に乗り出すと発表した。親会社のスイスのロシュ社が海外で皮膚がんなどを対象にフェーズ2試験を実施しており、中外製薬は日本での独占的開発・販売権を取得した。

 がん細胞の細胞膜には、胎児期に器官の形成に関与する重要な因子であるヘッジホッグ経路に主に関係する二つのタンパク質が存在。それぞれにシグナルの伝達を起こす働きと抑えようとする働きがあり、ヘッジホッグタンパク質が前者のタンパク質に付着すると、細胞内にシグナルが伝達され、がん細胞の成長を促す。これに対し、「RG3616」は後者のタンパク質に付着し、シグナル伝達を妨げる効果があり、がん細胞の成長を抑える。

 中外製薬によると、国内では今年後半にフェーズ1試験を開始する予定。海外での臨床試験の進捗状況や結果を勘案し、効能・効果の追加を検討するとしている。


【関連記事】
中外製薬、売上高など過去最高の業績
米国でRA治療薬アクテムラの承認取得―中外製薬
糖尿病治療薬市場に本格参入へ―中外製薬
エポジンの効能追加を申請―中外製薬
中外、「アバスチン」の追加適応を取得

非核兵器国への核使用禁止求める=日豪外相が共同宣言発表(時事通信)
ぶらぶら散歩 女性に人気 身近な発見楽しみに(産経新聞)
鳥取はチベット発言「断じて容認しがたい」 自民・石破氏(産経新聞)
平成22年2月22日、南海電鉄が記念入場券(読売新聞)
<偽造株主優待券>密輸容疑で6人逮捕、マックを1万8千枚(毎日新聞)

<寺島しのぶさん>若松監督メッセージ代読…ベルリン映画祭(毎日新聞)

 【ベルリン勝田友巳】第60回ベルリン国際映画祭の授賞式が20日(日本時間21日未明)に行われ、コンペティション部門に出品された日本映画「キャタピラー」で主演した寺島しのぶさん(37)に最優秀女優賞(銀熊賞)が贈られた。寺島さんは大阪で舞台に出演するため、授賞式を欠席した。若松孝二監督(73)が代わりにトロフィーを受け取り、メールで届いた寺島さんのメッセージを披露。「生涯の宝物にします。いつかすべての国の戦争がなくなることを祈ります。殺し合いでは何も解決しないことが伝わればいいと思います」と読み上げると、会場から大きな拍手が送られた。

 「キャタピラー」の舞台は第二次大戦中の日本の小村。前線で負傷して帰国し、「軍神」にまつり上げられる久蔵を大西信満さん(34)、動けない夫の欲望を必死に受け止めるシゲ子を寺島さんが演じた。若松監督が「戦争は人殺しで、犠牲になるのは弱い民衆。軍備強化が議論される日本の現状への怒りを表現した」という作品だ。

 シゲ子は戦時下の倫理観に従って夫に仕えるが、次第に理不尽な苦しみへの不満を募らせ、久蔵を支配し始める。寺島さんは体を張って、夫に対する愛情と戦争への憎しみが絡み合う複雑な役を演じ、映画のメッセージを体現した。

 映画祭期間中、「繊細に感情を表現し、極めて説得力があった」(スクリーン誌)などと、寺島さんは高く評価されていた。若松監督は授賞式後の会見で「プロとして精いっぱい真剣な演技をしてくれた」とたたえた。

【関連ニュース】
寺島しのぶさん:「賞の大きさを実感」…大阪で受賞の喜び
寺島しのぶさん:ベルリン映画祭で最優秀女優賞
ベルリン映画祭:寺島しのぶさんが最優秀女優賞
内野聖陽:寺島しのぶから本気の平手打ち 舞台「私生活」公開けいこ
内野聖陽:寺島しのぶと犬猿の仲? 舞台「私生活」製作記者発表

まちを彩る和傘と竹の明かり=熊本〔地域〕(時事通信)
女性にわいせつ容疑 東急電鉄運転士を逮捕 警視庁(産経新聞)
<アパート火災>2人が心肺停止 4歳と2歳の姉弟か 宮城(毎日新聞)
寺島しのぶさんに銀熊賞=田中絹代さん以来35年ぶり-ベルリン映画祭(時事通信)
冬の夜、静寂に包まれる大内宿(産経新聞)

一般サイト拡大、出会い系減少=児童の犯罪被害-警察庁(時事通信)

 2009年に出会い系サイトがきっかけで買春や淫行(いんこう)などの犯罪被害に遭った児童(18歳未満)は前年比271人減の453人だったことが18日、警察庁のまとめで分かった。一方、プロフィルサイト(プロフ)や会員制交流サイト(SNS)、ブログ(日記風ホームページ)など「非出会い系」の一般サイトに関連した被害児童は344人増の1136人となった。
 規制が強化された出会い系から一般サイトへの移行が進んでいるとみられ、両方を足した被害児童は73人増えた。一般サイトの運営事業者の一部は、利用者の年齢認証などを始めたが、同庁は児童を誘う書き込みを削除するなどの取り組みも行うよう業界に指導する。
 警察が摘発した事件数も、一般サイトが353件増の1347件で、389件減の1203件だった出会い系を上回った。
 出会い系の被害児童のうち携帯電話でアクセスしていた割合は99.3%で、過去最高だった。 

「勇気ある行動」男性に感謝状=線路転落の女性救助-東京消防庁(時事通信)
<消費者庁>英会話教室で虚偽勧誘、業者に業務停止命令(毎日新聞)
<相武紗季さん>運転中追突事故 東京・品川で(毎日新聞)
花粉シーズン到来 対策グッズが華やかに ファッション性アップ(産経新聞)
<オーロラ>極寒の空彩る マッキンリー山(毎日新聞)

日産婦学会が直接支払制度の廃止を要望(医療介護CBニュース)

 日本産科婦人科学会はこのほど、出産育児一時金の直接支払制度の廃止を求める要望書を、足立信也厚生労働大臣政務官に提出した。出産する人の負担を軽減するための最も合理的な方法は、「出産育児一時金の給付の迅速化」だと指摘し、出産する人が出産直後に給付を受けることができる制度を導入するよう求めている。

 日本産科婦人科学会が要望したのは、▽2010年度には直接支払制度を廃止し、被保険者(出産する人)が出産直後に出産育児一時金の給付を受けられる制度を導入する▽制度導入時には、被保険者、保険者、分娩施設に過剰な負担が掛からないよう配慮する▽分娩施設の負担軽減措置を早急に実施する▽11年度には、出産育児一時金を55万円程度にまで増額し、被保険者の出産前後の負担をさらに軽減する―の4点。

 直接支払制度では出産育児一時金42万円が、出産する人ではなく産科医療機関に保険者から直接支払われる。通常分娩は保険適用外で、産科医療機関はこれまで出産時に支払いを受けていたが、直接支払制度では支払いが出産の最長2か月後になるため、現場からは資金繰りが難しいと反発の声が上がっている。

 日本産科婦人科学会は要望書で、直接支払制度について「本来、保険者と被保険者の間で行われるべき手続きと給付に、分娩施設が介在する制度設計としたところに非常に大きな無理がある」と指摘。「有床診療所と助産所という零細分娩施設が出産全体の48%を担当しているわが国の現状を考慮すると、この制度の導入が地域産科医療提供体制の確保にとって、深刻な問題を引き起こすことは明白だ」との見解を示している。


【関連記事】
直接支払制度の猶予延長を要望―保団連
人を大切にする医療システムを
「今後の医療政策」シンポで文科副大臣ら議論
出産育児一時金「直接支払」を半年間猶予
出産育児一時金、さらに4万円引き上げへ―厚労省

万引止められ、警備員を転倒させる 容疑の中3逮捕(産経新聞)
<無国籍難民訴訟>退去強制処分は違法 東京地裁判決(毎日新聞)
日本国籍者に限定 参政権問題で提言 国家基本問題研(産経新聞)
<桜の開花日>木・金に集中…なぜ? 東京、気象会社分析(毎日新聞)
ヤマノHD会長がインサイダー取引=故山野愛子さんの三男-監視委(時事通信)

小沢氏、検審を牽制?「強制捜査で私だけ…」(産経新聞)

【小沢幹事長ぶらさがり】(2)14日

【参院選】

 ――では改めて参院選挙は、幹事長として一丸として戦っていくということでよろしいのか

 「もちろん、私はあの、総理ともお話ししましたけれども、幹事長として与えられた職責を全うする。当面国会で早く景気も悪いですから、予算を通過することと、そして、夏には参議院(選挙)を過半数目指して頑張ると。それが私が与えられた仕事ですので、それに全力を尽くすということでございます」

 ――世論調査は一つの結果だと思うが、この結果を受けて幹事長自身、どのような方針をとって参院選までに回復していこうと考えているか

 「特別なことはありません。もう、去年も3月から4月いっぱいぐらいまで、皆さんのいろんな報道がずーっと続きました。まあ、それは私の不徳のいたすところでございますけれども、全国をその後もずっと行脚しまして、皆さんのご理解と支持を得たからこそ政権をとれたんだと思っております。今回、検察の捜査当局の捜査によってその不正なことはなかったということが明らかになったわけですので、これを国民皆さんに十分知っていただければ、選挙の結果に大きな影響を与えることは、この件によってですね、ないと思っております。ただ、ですから、私としては従来と同様、各地域の皆さんにそのことを知っていただきながら、ご支持とご理解をいただくと、特別にどうこうちゅう、方策を考えているわけではありません」

 ――長崎県知事選の投票日が近づいているが、この結果が国政に与える影響をどう考えるか

 「知事選挙はあの地方選挙ですから、あの国政に直接影響を与えるちゅうことはないと思います。ただ、あのー、お互いの心理的なこととして、やっぱり今年最初の知事選挙ちゅうことになりますので、それはもう、勝利すればですね、その意味であのー、みんな、あー、気持ち的にも、心強くなるし、そういう意味では勇気づけられますから、あのー、ぜひ、勝利してもらいたいと、そう思っております」

【検察審査会】

 ――先週、幹事長を告発した市民団体が、検察審査会に「起訴相当」の議決を求める申し立てをした。幹事長の説明に納得していないということだが、こうした動きについて

 「それは検察審査会で議論していただければよろしいかと思います。今はもう、何度も申し上げてます通り、いろいろな、あのー、問題、与党、野党問わず出ましたけれど、強制捜査ですべてを明らかにされたのは私だけでございます。そしてその結果、不正なことはないということになったわけですので、えー、このことが国民皆さんにもよくご理解していただければこれほどの説明はないんじゃないかと思っております」

【関連記事】
(3完)米国に注文「訪米するならそれなりの…」 小沢幹事長ぶらさがり
(1)「ネットやラジオの世論調査は反対の数字だ」 小沢幹事長ぶらさがり
首相激高の巨額“子ども手当て”の真相は!? 邦夫氏発言がカギ
台本書いたのダレ?石川&小沢“偽装”離党で幕引き図る
「おー、すまん」小沢氏ご満悦、民主女性議員からチョコ

NYで流行るインドカレー オールナチュラルの菜食料理(産経新聞)
石川議員の離党を了承=民主、処分せず(時事通信)
<足利事件>謝罪論告わずか1分 菅家さん表情硬く(毎日新聞)
<里山>開発計画の会社、名古屋市を提訴…5億円支払い求め(毎日新聞)
行政刷新「まず内閣府から」=枝野担当相(時事通信)

国家公務員削減「3万5千人以上」枝野刷新相(読売新聞)

 枝野行政刷新相は14日のテレビ朝日の番組で、国の出先機関の統廃合に伴う国家公務員の削減について、「3万5000人以上」を目指す考えを表明した。

 枝野氏は今後、原口総務相ら関係閣僚とも協議したうえで、政府が今夏に策定する「地域主権戦略大綱」に、出先機関改革の基本方針を盛り込む方針だ。

 枝野氏は、政府の地方分権改革推進委員会が麻生前政権下の2008年12月の第2次勧告で、出先機関の統廃合によって職員約3万5000人の削減を目指すとしたことに触れ、「自民党時代にこの数字が出たのだから、国民の期待はこれがスタートラインだ。期待に応えないといけない」と述べ、前政権以上の目標を目指す考えを示した。

 統廃合の対象については、「税務署とか海上保安本部は地方に必要だが、(予算の)個所付け的なことを決める出先機関はいらない。地方で決めればいい」と述べた。主に国土交通省の地方整備局などが対象となるとの考えを示したものだ。

首相動静(2月13日)(時事通信)
【元厚生次官ら連続殺傷 最終弁論(上)】被告は心神喪失か耗弱 弁護人、検察側鑑定を厳しく批判(産経新聞)
個人型401k、増額の動き=税優遇による上限額引き上げで(時事通信)
<訃報>岩渕とくさん89歳=岩渕徹・徳間書店社長の母(毎日新聞)
<水戸女性死亡>自宅のこたつで73歳窒息死 事件性を捜査(毎日新聞)

介護相談の取り組みを紹介―介護福祉士会がシンポ(医療介護CBニュース)

 日本介護福祉士会はこのほど、地域住民からの介護相談をテーマにしたシンポジウムを東京都内で開催し、全国の介護事業者やNPOなどの取り組みを紹介した。

 地域での助け合い活動を広める「さわやか福祉財団」の木原勇氏は、地域のネットワークを生かし、介護保険の枠外で生活支援を行う事例を調査しており、その経験から当事者のニーズを把握することが最大の課題ではないかと述べた。また、ヘルパーが利用者宅を訪問する時に、近所の家にも声を掛けることで、見守りを促すことができた例を紹介。介護が必要な人は近くにいるかもしれず、介護を受けるのは難しくないことを伝えることができれば、事業所もさらにやるべきことが見えてくるのではないかと指摘した。

 岡山県介護福祉士会では県内各地に出向き、家族などから介護相談を受けてきた。さらに電話相談を昨年の介護の日(11月11日)に合わせて4日間行ったところ、将来への不安や介護疲れ、認知症への対応方法などの相談が多かったという。同会の草加昭子事務局長は、切実な相談は引き続き寄せられているとし、4月からは第1水曜を電話相談の日として定例化する予定だという。

 鹿児島市にある「特別養護老人ホーム睦園」の山下輝子氏は、ショートステイ業務を担当する中で、認知症の母親を介護する娘が疲れ果て、自分の意に反して母親につらく当たってしまった事例を挙げ、利用者だけでなく、介護をする家族の精神的なケアにも目を向けながら、在宅介護を支援していくことが大切ではないかと語った。

 青森県大間町の「地域包括支援センターくろまつ」の管理者、納谷むつみ氏は、同僚のケアマネジャーが認知症の女性の在宅介護を支えたケースを紹介。女性は高校生の孫と2人で暮らしていたが、何とか孫と暮らし続けたいとの思いがあった。介護や地域サービスが限られる中で、それぞれの職種が連携し、孫が高校を卒業するまで在宅生活を支えた同僚の姿を見たという納谷氏は、「介護福祉士は(利用者の)生活まで見るという専門性を持っている」と語った。


【関連記事】
介護現場の労働環境を考えるシンポ-日本介護福祉士会
ファーストステップ講師養成研修を今秋開催
キャリアアップと処遇改善が人材確保のカギ-08年回顧と09年の展望(9) 日本介護福祉士会・石橋真二会長
介護関連団体、新政権に期待することは
特養の介護職員の医療行為は「緊急避難」

逮捕の容疑者、弟の名かたる…釈放し逮捕し直す(読売新聞)
大阪の3キロ引きずり事件 3月2日に初公判(産経新聞)
ギャンブルでなく…知的トレーニング競馬のすすめ (産経新聞)
ラジオ体操帰りの高齢女性狙う=ひったくり容疑で中学生2人逮捕-警視庁(時事通信)
小沢氏「参政権法案、首相は多分やる」(産経新聞)

建て替えか、保存か 揺れる復興小学校(産経新聞)

 関東大震災後に建築され、帝都再生のシンボルにもなった「復興小学校」の一つで東京都中央区明石町の区立明石小学校が、建て替えか存続かで揺れている。「良好な教育環境確保のために建て替えは必要」とする区側に対し、卒業生や在校生保護者の一部が「校舎の文化的価値は高い」などと反発。存続を求める署名活動を展開している。両者の主張が平行線のまま、一連の工事は19日に始まるという。(安岡一成、写真も)

  [フォト]取り壊しが決まった「復興小学校」の明石小学校校舎

 ■貴重な建築

 大正12(1923)年の関東大震災により旧東京市の市立小学校は壊滅的な被害を受けた。児童の良好な教育環境整備を目指した市が、統一規格をつくって翌年から昭和初期にかけて計117校建築したのが復興小学校だ。

 校舎は安全性を考慮し、当時は珍しい鉄筋コンクリートを採用。西欧の建築思潮を取り入れた外観デザインも斬新だったという。震災3年後に完成した明石小もアーチ型の大きな窓など丸みを帯びた優しいデザインをしている。

 現存する復興小学校20校のうち、中央区には現役の校舎が7つ集中している。保存を検討しているものもあるが、とりあえず、明石・中央・明正の3校は平成26年度までに建て替えることが決まった。

 ■人口増で教室不足

 明石小建て替えは21年3月の区議会で初めて示された。その後、地元代表者らによる協議会での議論を経て正式決定し、区は総工費約47億2200万円を22年度予算案に計上している。

 区立学校の耐震補強工事は9年までに完了しており、「安全性には問題はない」(区教育委員会)という。それでも建て替えが必要な理由について、区教委は「都心回帰による人口増で教室が不足する。老朽化で多様な学習形態に対応できない」と説明する。

 ■保存へ草の根運動

 区は建て替えに当たって正式な手順を踏んだが、明石小卒業生にとっては“寝耳に水”だったようだ。

 卒業生の一人、中村敬子さん(35)らは建て替えを知った直後の21年11月、「中央区明石小学校の保存を望む会」を設立。ホームページで保存を訴え、520筆の署名を集めた。

 中村さんらは10~14日、学校近くのギャラリーで会員が持ち寄った校舎や学校行事の写真約300枚を展示。「校舎について知るほど、ここで過ごせたことのありがたみを感じる。建てられた経緯を含め、地域の人によさをもっと知ってもらいたい」と話す。

 校舎解体による騒音や粉塵(ふんじん)による子供のストレスや健康被害を懸念する声もあり、保護者らでつくる「明石小学校改築を考える会」も15日、1742筆の署名を添えた建て替え撤回を求める要望書を区に提出した。

 異論は専門家からも出ている。日本建築学会関東支部は3日、区に「旧東京市の理想の高さを示す例で、教育行政史上、高い価値がある」と保存を求める要望書を提出した。

 これらの動きに対し、区教委は「今後も地元説明会を重ね、理解を求めていきたい」とするにとどまっている。

【関連記事】
サミット会場は被災地 いまも7万人以上が避難生活
災害で消えた村 ガリ版刷りの「未来図」
四川大地震1年、岡山の中国人男性が学校再建支援続ける
停戦3カ月 ガザに閉塞感 陰り始めたハマスへの信頼
災害復興住宅2戸が完成 岩手・一関

ホンダ、全世界で44万台追加リコール=国内4000台、エアバッグ不具合で(時事通信)
マータイさん 「KYOTO地球環境の殿堂」入り(毎日新聞)
<雑記帳>バレンタインデーには「油揚げ」…ハート型です(毎日新聞)
<3カ月長男虐待>容疑の父親逮捕 脳に傷害か 大阪(毎日新聞)
再診料引き下げに断固反対を強調―日医・中川常任理事(医療介護CBニュース)

【新・関西笑談】女性は一生輝ける(3)上海観光親善大使 本堂亜紀さん(産経新聞)

 ■メールが速い、話が飽きない… 素晴らしい経営者には共通点がある。

 --本堂さんは関西財界人との交流が幅広いですが、関西財界ならびに財界人の印象は

 本堂 素晴らしい経営者には共通点があると思います。講演活動では「レンズを通してみた財界人の素顔」というテーマで話をする機会が結構あります。講演で私は素晴らしい経営者の共通点は11項目あると説明しています。

 --11項目ですか。興味がありますね。すべて教えていただけませんか

 本堂 まずはありきたりかもしれませんが、しっかりとした「経営理念」や「信念」を持っている。2つ目としては、素晴らしい経営者にはユーモアがあります。

 --それはどういうときに感じるのですか

 本堂 お話をさせていただいていて、まったく飽きないのです。ときには「カワイイ!」と思える瞬間もあります。

 --3つ目は

 本堂 人に厳しく、自分にはさらに厳しいところを持っている。11項目をすべて言ってもいいですか

 --いいですよ

 本堂どんな人の話でも耳を傾ける姿勢。尊敬するある経営者は「どんな人の話からも勉強ができる」と言っていました。5つ目は、カメラマンとしての感想なのですが、自分がよく写る角度を知っています。つまり写真の撮られ方を知っている。6つ目はオシャレですね。7つ目は意外に携帯電話の操作がうまい。

 --それはおもしろい意見ですね

 本堂 メールを打つのが速くてうまい。絵文字を使いこなす方も多い。そして、8つ目は独自の健康法を持っている。

 --あと3項目ですが

 本堂 少年みたいなところがある。そして、深くて広い愛情がある。最後は、トップゆえに孤独なところです。

 --素晴らしい経営者の共通点を聞き、これは男性全般にも当てはまることのように思います。ところが今は“草食系男子”がもてはやされるなど、とくに若い男性はだらしないといわれていますが

 本堂 逆にお伺いしたいのですが、男性から見て今の草食系男子をどう見ていますか

 --自らを草食系男子だという男性はあまりいないと思います。女性が今の時代に求めている男性像なのではないでしょうか。というのも、男性同士の会話で「あいつは草食系だ」という話は、まずしないですから

 本堂 やはり、そうなのですね。私の中では男性は男らしくいてほしいと思うのですが、その草食系男子を作ったのは女性なのでしょう。

 --草食系男子になってほしいという女性の希望に合わせる男性もどうかと思いますが。そこまで女性の希望を受け入れて、自分を変える必要があるのかと

 本堂 男性が“女性化”しています。女性に頼りすぎるのでは。本当にそれでいいのかと思います。男性が頼りにならないなら女性が“男性化”するしかないですね。(聞き手 香西広豊)

岡田外相、改めて「5月中に結論」 米上院議員と会談(産経新聞)
北海道・余市岳で一時不明の6人、無事に下山(読売新聞)
<鳩山首相>アッバス議長と会談(毎日新聞)
18歳少年を発見、逮捕=連れ去られた少女保護-監禁などの容疑、石巻3人殺傷(時事通信)
漁船の船長2人逮捕へ=位置情報切った疑い-海保(時事通信)

作家、立松和平氏が死去 「遠雷」「毒-風聞・田中正造」など(産経新聞)

 映画化された「遠雷」などで知られる作家の立松和平(たてまつ・わへい=本名・横松和夫=よこまつ・かずお)さんが8日、東京都内の病院で死去した。62歳。栃木県出身。葬儀は近親者で行う予定。

  [フォト]死去した作家の立松和平さん

 立松さんは先月体調を崩して入院していた。

 早大在学中に早稲田文学新人賞を受賞。市役所などに勤務したあと文筆活動入り、昭和55年に「遠雷」で野間文芸新人賞。平成9年に「毒-風聞・田中正造」で毎日出版文化賞などを受けた。テレビ朝日系の報道番組「ニュースステーション」の出演で有名に。パリ・ダカールラリーに出場するなど行動派として知られ、最近は環境問題などに積極的に取り組んでいた。

【関連記事】
サリンジャー氏死去 「ライ麦畑でつかまえて」
【追悼】多彩な才能 一気に爆発 栗本薫さん
「スペンサー」シリーズ パーカー氏死去 最後の“職人”作家
モントリオール映画祭で「ヴィヨンの妻」に監督賞
「南京大虐殺でっちあげ」の永野茂門元法相死去

<掘り出しニュース>74年前、13歳で世界選手権に出場した少女スケーターがいた(毎日新聞)
「局長級も降格」規定へ…国家公務員法改正案 (読売新聞)
老人施設火災 理事長ら2人を逮捕 業務上過失致死容疑(毎日新聞)
<枝野刷新相>国の出先機関職員3万5000人以上を削減(毎日新聞)
郵政グループ、3社体制に=政府が改革素案(時事通信)

<群馬・たまゆら火災>施錠は07年夏ごろから(毎日新聞)

 群馬県渋川市の老人施設「静養ホームたまゆら」で入所者10人が死亡した火災で、入所者の避難を事実上不可能にしたとされる施設内の施錠が07年夏ごろから始まっていたことが12日、県警渋川署捜査本部への取材で分かった。それによると、昨年3月19日夜の出火当時、徘徊(はいかい)防止のため施錠されていたのは(1)食堂出入り口の南京錠(2)火元付近とみられる西側奥の居室から食堂に抜ける引き戸(3)居室と食堂を結ぶ引き戸のつっかい棒--の3カ所。施設関係者は、食堂出入り口は07年夏ごろ▽引き戸は08年夏ごろ▽つっかい棒は09年初めごろ--から、夜間に施錠されていたと説明しているという。

 業務上過失致死容疑で逮捕された、NPO法人「彩経会」理事長の高桑五郎容疑者(85)は、施錠について「私が指示した」と供述している。実際に錠を購入するなどしたのは、施設長の久保トミ子容疑者(73)とみて裏付け捜査している。また、高桑容疑者には法人名義と合わせ約2億5000万円の借金があったことも分かった。

 ◇理事長ら身柄送検

 捜査本部は12日午前、高桑、久保両容疑者を、同容疑で前橋地検に身柄送検した。【奥山はるな、鳥井真平】

【関連ニュース】
【関連写真】たまゆらの見取り図を見る
【関連写真】火災のあった老人ホーム「たまゆら」(09年3月20日)
<ことば>老人施設「静養ホームたまゆら」火災
群馬・渋川の老人施設全焼:たまゆら火災、増改築重ね違反14件
群馬・渋川の老人施設全焼:理事長逮捕 無届け運営、今も 反発受けた慰霊碑構想

パレスチナ アッバス議長が広島初訪問、原爆慰霊碑に献花(毎日新聞)
大阪・西成で不審火4件 自転車やビニールシートなど燃える(産経新聞)
防衛コンサル事件、判決は3月29日最終弁論 脱税の無罪あらためて主張(産経新聞)
医療関係者への自殺対策研修を強化―政府が緊急プラン(医療介護CBニュース)
与謝野氏、偽装献金事件で激しい応酬「実はあなたの犯罪だ」(産経新聞)

訃報 山口安次郎さん105歳=西陣織職人(毎日新聞)

 山口安次郎さん105歳(やまぐち・やすじろう=西陣織職人)7日、老衰のため死去。葬儀は近親者で済ませた。後日、お別れ会を開く予定。自宅は京都市上京区蘆山寺通千本東入北玄蕃町64。喪主は長男巖(いわお)さん。

 京都・西陣の織屋に生まれ、12歳で家業に従事。50代半ばから江戸時代の能装束復元に取り組み、82年に「現代の名工」に選ばれた。86年に来日した英国のチャールズ皇太子・ダイアナ妃夫妻に能装束を贈ったことで話題に。「源氏物語錦織絵巻」で知られた西陣織作家の兄・伊太郎さんと03年に初の兄弟展を開いた他、昨年105歳を記念する能装束展を開いた。

ガーゼへの助成求め署名提出=皮膚の難病患者ら、厚労省に(時事通信)
「隠れ天下り」監視へ新機関、人材センター廃止(読売新聞)
政治資金規正法改正に意欲=首相(時事通信)
<SL>「重連運転」ファン魅了 北海道釧路湿原(毎日新聞)
桜前線3月19日上陸か、平年より数日早い?(読売新聞)

ノリタケ元社員を逮捕へ=9100万円着服で告訴-業務上横領容疑・愛知県警(時事通信)

 東証1部上場の食器メーカー「ノリタケカンパニーリミテド」(名古屋市西区)の元社員の男(60)=懲戒解雇=が約9100万円を着服した疑いが強まったとして、愛知県警捜査2課と西署は8日、業務上横領容疑で、男を近く逮捕する方針を固めた。
 ノリタケによると、男は同社の内部調査に対し、計約3億7300万円を着服したと話しているという。同社は先月、約9100万円分について同容疑で告訴していた。
 捜査関係者や同社によると、男はノリタケの元子会社「ノリタケテーブルウェア」(NTL、ノリタケに吸収合併)で経理を担当していた2002年10月~昨年9月、受取手形を現金化する際に一部を抜き取るなどの方法で、計約9100万円を着服した疑いが持たれている。 

【関連ニュース】
横領の県職員を懲戒免職=出資団体から220万円
顧客ローン約8000万円を着服=銚子商工信組の元職員逮捕
業務上横領容疑で司法書士逮捕=依頼者の過払い利息返還金
元郵便局長を横領容疑で逮捕=客の保険金など8億円か
鞍手町元職員、公金着服で追送検=「ギャンブルに1日400万」

追及1年、巨額資金暴く=「本丸」到達せず-東京地検・小沢氏不起訴(時事通信)
参院選も小沢幹事長で=鳩山首相(時事通信)
民主、景気認識ただす=10年度予算が実質審議入りへ-衆院委(時事通信)
連続路上強盗で懲役6年6月=大阪地裁の裁判員判決(時事通信)
<東電>作業員被ばく量対策チームを設置(毎日新聞)

<千葉不正経理>部下にカンパ? 70万円返還義務の幹部(毎日新聞)

 約37億円に上る千葉県庁の不正経理問題で、一部県幹部が自分で返還すべき金額を、「カンパ」と称して部下の一般職員から集めている疑いのあることが8日、分かった。県議会不正経理調査特別委員会で小松実議員(共産)が指摘した。小宮大一郎・県総務部長は「極めて遺憾。早急に調査し事実なら厳しく処分する」と述べた。

 小松議員に届いた内部告発によると、ある教育事務所で、次長級幹部が返還すべき70万円について別の幹部が「皆で支える」として、職員約80人に1口1万円の「カンパ」を求めた。また、別の教育事務所では「1口1万円で最低3口」を求めた幹部がいる。

 小松議員は「権力をかさにきた横暴。直ちに調査して是正すべきだ」と指摘。村石保男・県総務課長は「うわさは聞いている」と答弁した。県教委教育総務課は取材に「カンパを集めたという話は聞いていない」と答えた。

 県によると、不正経理による損害金は、03~08年度に管理職として在籍していた幹部やOBら3576人が役職に応じて12万円(主幹級)~1000万円(前知事)を分担。計約8億2700万円を返還する。【倉田陶子】

【関連ニュース】
千葉県警:不正5億7000万円に 6年間で
千葉県不正経理:県警不正、6年間で5億7000万円に

日航機 羽田空港へ引き返し 「左エンジン不調」(毎日新聞)
日本海側中心に大雪、警戒を=鉄道や航空に影響-気象庁(時事通信)
<無登録営業容疑>バルチックカレーの会社を捜索 警視庁(毎日新聞)
「庶民なら刑罰受ける」=自民総裁(時事通信)
【町工場から五輪へ】(2)モーグル・上村選手の靴 運命の出会い…10年一途(産経新聞)

<本埜村長選>五十嵐勇氏当選…任期はわずか43日間(毎日新聞)

 前村長のリコール(解職請求)成立に伴う千葉県本埜村長選が7日投開票され、元村長の五十嵐勇氏(59)が元栄町職員の馬場正実氏(54)を破り、通算4回目の当選を果たした。

 本埜村は3月23日に印西市、印旛村と合併して消滅するため、新村長の任期は43日間。村民からは「選挙をやる必要があるのか」「税金の無駄」などと疑問の声も出ていた。投票率は55.52%と村長選では異例の低さだった。

 “最後の村長”の主な仕事は、最後の村議会の招集など。当選した五十嵐氏は記者会見で「滞っている合併協議を進め、わだかまりなく新市に受け入れてもらいたい」と話した。

 任期途中から合併の準備作業を拒み、リコールされ失職した前村長の小川利彦氏(63)は立候補しなかった。【斎川瞳】

【関連ニュース】
本埜村:合併で消滅、新村長の任期は43日…2月2日告示
選挙:千葉・本埜村長選 リコール→選挙→合併 村長、任期は43日--来月2日告示
読谷村長選:きょう投開票 午後11時ごろまでに判明
選挙:大川村長選 元職・新人、一騎打ちか--あさって告示 /高知
選挙:西目屋村長選 無投票の公算--9日告示 /青森

暴追拠点は元組事務所 全国初、和歌山で業務開始(産経新聞)
危険運転致死で同乗者逮捕=4人目ブラジル人出頭-名古屋ひき逃げ・愛知県警(時事通信)
触った相手は女性警官、痴漢容疑で現行犯逮捕(読売新聞)
<文科省>創志学園を処分 財源不足のまま大学新設(毎日新聞)
JAL機が羽田に緊急着陸 離陸直後エンジンから出火 けが人なし(産経新聞)

荒川区の小学校 徴用と拉致同一視 女性講師、児童に説明(産経新聞)

 荒川区町屋の区立大門小学校(指宿隆校長)で、定年退職後に再雇用された非常勤の女性講師が4年生の社会科の授業中に、日本が戦時中に行った徴用と北朝鮮による日本人拉致を同じことのように教えていたことが8日、区教育委員会などへの取材で分かった。講師は区教委に「クラスの外国籍の児童に配慮した」と説明したというが、区教委は「問題がある」と判断し、全区立小学校に同じことがないように注意を求める通達を出す方針。

 区教委によると、発言があったのは1月12日の授業中。児童から拉致問題についての質問が出た際、講師は、被害者が北朝鮮で日本の生活習慣などを教えさせられていたことなどを説明した。

 さらに、講師は「日本も戦争中に韓国や北朝鮮の人を連れてきて働かせたことがある」と付け加え、「戦争はないほうがいい」と結んだ。

 講師の説明を聞いたクラスの男子児童の一人は「日本人に生まれて恥ずかしい」などと発言したという。

 別の児童が保護者に相談し、保護者が区議を通じて学校に抗議。区教委から指示を受けた指宿校長は児童宅に出向き「誤解を与える発言だった」と謝罪した。

 講師は区教委に「クラスには外国籍の児童もいるので、北朝鮮に悪いイメージを植え付けるだけで終わらせてはいけないと考えた」と説明したという。

 産経新聞の取材に、区教委は「歴史を学んでいない小学校4年生の児童にこんなことを話すと、日本人も韓国や北朝鮮の人を拉致したことがあると勘違いさせてしまう」と説明。区教委は今後、子供の発達段階に応じた授業を徹底させるよう全区立小学校に通達を出すという。

 保護者から相談を受けた小坂英二区議は「他国の言い分を教育現場で教諭が安易にしゃべる風潮は根本的に変えなければならない」と話している。

                   ◇

【用語解説】徴用

 戦時中などに政府が国民や占領地の住民を動員して兵役以外の業務に就かせること。日本では昭和14年に国民徴用令が制定され、19年からは統治下にあった朝鮮人にも適用された。戦後、徴用工への賃金未払い問題が浮上したが、昭和40年に日韓で結んだ協定によって解決している。

<障害者自立支援給付>新宿区が「65歳以上認めず」の内規(毎日新聞)
<狐の嫁入り道中>花婿と花嫁が面つけて…三重・四日市(毎日新聞)
カーナビ物色で現場に 名古屋ひき逃げ、同乗者供述(産経新聞)
<原発>作業員の被ばく低減を 保安院が労働環境対策強化へ(毎日新聞)
タミフル服用後死亡で請求棄却=17歳亡くした父、医薬品機構訴え-岐阜地裁(時事通信)

前副知事、一任受け便宜か=高齢者医療運営の団体設立で-福岡県警(時事通信)

 福岡県町村会をめぐる汚職事件で、収賄容疑で逮捕された前副知事中島孝之容疑者(67)が、後期高齢者医療制度の県運営団体を設立する際に議員定数で加盟自治体の意見が対立したため、決定を一任されていたことが4日、団体の設立準備委員会の議事録などで分かった。
 最終的には、中島容疑者が町村会側の要望に添う形で各市町村から1人以上とする折衷案を打ち出し、採用された。県警捜査2課は、同容疑者が町村会側の要請を受け、便宜を図った疑いがあるとみている。 

【関連ニュース】
町村会側から持ち掛け=前副知事への100万円
副知事室で現金手渡し=県庁など捜索
前福岡県副知事、収賄容疑で逮捕=町村会会長から百万円
前副知事を逮捕へ=町村会に便宜、収賄容疑
収納率、過去最低の88%=08年度の国保保険料

園児の保護者全員に保育体験、品川区が試み(読売新聞)
携帯から金・銀 ドコモの自己循環リサイクル(産経新聞)
同盟深化めぐり日米が局長級協議(産経新聞)
代表質問参院でもスタート 首相、小沢氏の国会招致「小沢氏が判断」(産経新聞)
多摩医療センター開院式で石原都知事が祝辞(産経新聞)

木嶋容疑者 携帯メールも削除 金銭要求など隠す?(産経新聞)

 東京都千代田区の会社員、大出嘉之さん=当時(41)=が練炭自殺を装って殺害された事件で、殺人容疑で再逮捕された住所不定、無職、木嶋佳苗容疑者(35)の携帯電話に大出さんと交換したメールが残っていなかったことが4日、捜査関係者への取材で分かった。木嶋容疑者のパソコンにも大出さんとのやりとりが削除された形跡があったことから、埼玉県警は木嶋容疑者が携帯電話についても証拠を隠そうとした可能性があるとみて調べている。

 捜査関係者によると、県警が木嶋容疑者が事件当時使っていた携帯電話を押収して調べたところ、大出さんとやりとりした記録がなかった。

 捜査関係者によると、県警はパソコンのデータを修復するとともに、携帯電話についても専門業者に照会するなどして解析。木嶋容疑者が大出さんと携帯電話でメールのやりとりをしていたことが判明している。県警は、木嶋容疑者が大出さんとの間で交わした作り話や金銭の要求など、事件とのかかわりを示すメールを削除した疑いがあるとみて調べている。

裁判員に被告の「温かい」家族写真、結果実刑(読売新聞)
米特許切れのマイナス影響が顕在化―武田薬品(医療介護CBニュース)
要介護認定、特記事項への記載徹底で事務連絡―厚労省(医療介護CBニュース)
保釈の石川知裕被告、無言で一礼(産経新聞)
国内のみで15%以上=温暖化ガス削減目標-政府が行程表素案(時事通信)

法曹養成改革で作業部会=司法試験、法科大学院の実態踏まえ-法務・文科省(時事通信)

 法務、文部科学両省は5日、法曹人口を増やすために導入された新司法試験や、法科大学院が当初見込まれたほどの成果を上げていないとの指摘を踏まえ、法曹養成の改革について検討する合同作業部会を設置した。今年夏をめどに報告書をまとめる。
 作業部会は、法務省の加藤公一、文科省の鈴木寛両副大臣のほか、裁判所、検察、弁護士会、法科大学院の各代表者で構成。乱立気味の法科大学院の教育内容や、司法試験・修習の実態を詳しく検証した上で、具体的な改善策を打ち出す。 

「現場任せ」が遠因=高松塚壁画劣化で報告書案-文化庁検討会(時事通信)
路上で血を流した男性倒れる ひき逃げ事件か 東京・江東区(産経新聞)
【中医協】認知症患者の退院調整加算などを新設(医療介護CBニュース)
小沢氏に収支概要報告=石川議員、陸山会04年分-貸付8億円、収入6億円(時事通信)
<平城遷都1300年祭>入札工事6件、くじ引きで落札--奈良(毎日新聞)

黒澤明財団、4千万円無断取り崩し…今も補填せず(読売新聞)

 佐賀県伊万里市に「黒澤明記念館」の建設を計画している同市の財団法人「黒澤明文化振興財団」(黒澤久雄理事長)の寄付金管理を巡る問題で、財団が2001年度、基本財産1億円のうち預金4000万円を理事会の承認を得ずに取り崩し、今も補填(ほてん)していないことがわかった。

 財産のうち残る6000万円分は黒澤明監督直筆の絵コンテで、監督する立場の佐賀県は「基本財産には現金がない状態」としている。

 県市町村課によると、定款では、会社の資本金に当たる基本財産取り崩しには理事会の承認が必要だが、財団は承認なしに崩し、運営資金に充てていたという。預金の原資は、記念館建設のために個人や企業などから集めた寄付金の可能性もあるという。

 県は02年3月、手続きが不適切として財団を行政指導した。財団は同年6月の理事会で、取り崩しに関する事後承認を得た。そのうえで県に対し、取り崩した4000万円を補填する方針を報告した。だが県の05年3月の調査でも穴があいたままだったため、県は翌月、補填計画を出すよう行政指導した。しかし、いまだに提出はなく、現金も補填されていないという。

<東海道新幹線>新横浜-小田原間で30分間運転見合わせ(毎日新聞)
シーツ交換、ガマンの限界は? 年代で大きな差(産経新聞)
閣僚好き勝手…答弁拒否したりヤジったり(読売新聞)
鳩山首相、「どうぞ戦って」発言の撤回拒否 参院予算委審議スタート(産経新聞)
レセプトオンライン化訴訟、終息へ―神奈川原告団(医療介護CBニュース)

7階ベランダから転落? 小2男児死亡 千葉(産経新聞)

 29日午前10時50分ごろ、千葉県習志野市大久保のマンションの駐車場に男児が倒れているのを通行人の男性会社員(60)が発見し、119番通報した。男児は、まもなく死亡が確認された。

 県警習志野署によると、死亡したのは同マンション7階に住む市立小2年の男子児童(8)で、父親(42)と母親(40)と妹の4人暮らし。当時、両親は不在で、午前10時ごろ、世話をするために来ていた祖母(71)が遊んでいる児童を部屋に置いて、買い物に出かけ、約1時間後に帰宅したところ、ベランダの窓が開いていたという。

【関連記事】
8階から転落の4歳女児、奇跡的に軽傷 植え込みがクッション効果 東京・国分寺
名札取ろうとした中3、校舎3階から転落 春日部
仲間の2少年 窃盗容疑で逮捕 警官に追われ転落死
電柱倒れ電機工事会社の男性死亡 松本市
パト追跡の男、12階屋上から転落死 市営住宅に逃げ込み

第三国定住 ミャンマー難民の面接開始(毎日新聞)
小沢氏「私の立場で対応」 名護新市長と会談、現行案見直し要請受け(産経新聞)
「四条畷」→「四條畷」に数億円? JR、依然変更されず(産経新聞)
<東海道新幹線>一時不通…乗客3100人「缶詰め」疲労感(毎日新聞)
替え玉殺人裁判 イン・リナ被告への判決要旨(産経新聞)

被害者は市内の男性=別の場所で刺されたか-福島(時事通信)

 福島県須賀川市で胸などを切られた男性が通行車に助けを求め、病院搬送後に死亡した殺人事件で、死亡したのは同市西川、職業不詳松本幸徳さん(36)であることが2日、県警須賀川署捜査本部の調べで分かった。松本さんの周辺でトラブルがなかったか交友関係を中心に捜査している。
 司法解剖の結果、死因は右胸を刺されたことなどによる失血死と判明。一方、松本さんが発見された現場周辺に血痕があったが、致死量の出血がなかったことから、捜査本部は松本さんが別の場所で刺された可能性があるとみて調べている。 

【関連ニュース】
男性胸切られ死亡=車に助け要請、殺人で捜査
新聞配達女性、死因は窒息=殺人で捜査本部
女性配達員殺される=首に絞められた跡
焼け跡の女性遺体に刺し傷=胸など数カ所、殺人で捜査
遺体は兵庫の72歳女性=首締め刺される、殺人と断定

臨時接種に「2類」創設へ=弱毒性新型インフルに対応-厚労省審議会(時事通信)
<地震>「東南海」「三河」の実態 岩手の研究者が本に(毎日新聞)
<名護市長選>市民の意思伝えたい…当選の稲嶺氏(毎日新聞)
武山百合子元衆院議員、公選法違反で有罪判決(読売新聞)
<朝青龍>聴取へ 傷害容疑で立件判断 警視庁(毎日新聞)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。