スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民家全焼、姉妹が焼死 石油ストーブ原因か 千葉・市原(産経新聞)

 22日午前0時15分ごろ、千葉県市原市山田橋、会社員、奈佐昭一さん(44)方から出火、木造2階建て住宅約90平方メートルが全焼し、隣の民家が半焼した。奈佐さん方の焼け跡から長女の県立高1年、優里香さん(16)と三女の市立中1年、栞里(しおり)さん(12)がいずれも焼死体で見つかった。

 県警市原署によると、奈佐さんは妻と娘3人の5人暮らし。出火時、奈佐さんは仕事で外出中。優里香さんと栞里さんは2階で寝ており、1階にいた妻(44)と次女(14)は逃げて無事だった。同署は、1階にあった石油ストーブが火元の可能性があるとみて調べている。現場はJR内房線五井駅の東約3キロの住宅街。

 優里香さんはアニメが好きで「将来は声優になりたい」と夢を語っていたといい、中学では吹奏楽部に所属して合唱祭で指揮者を担当。同級生だった男子生徒(16)は「明るくて、とても優しかった」と涙ぐんだ。別の男子生徒は「責任感が強く、成績もよかった」と話した。

 栞里さんについて、近くに住む少女(16)は「控えめな感じの子だった。仲がよい姉妹で亡くなったことが信じられない」。近所の女性(61)は「3人姉妹で、いつもにぎやかな家族だった。なぜこんなことになったのか」と言葉を詰まらせた。

【関連記事】
ストーカー殺人現場から出火か 東京・新橋で13棟焼ける 
東大阪で16室アパート全焼、69歳男性?死亡
桑田真澄氏ショック…父・泰次さん焼死「一番のコーチだった」
「アロマキャンドルつけたまま寝た」アパートの部屋全焼 さいたま市
駐車中のトラック炎上、車内の運転手死亡

<土地購入事件>「5000万円提供指示」と水谷元幹部供述(毎日新聞)
小沢氏、現職幹事長のまま検察と全面対決(読売新聞)
補正予算案の25日採決で合意 衆院予算委(産経新聞)
福島氏、求心力にかげり…対民主の不満根強く(読売新聞)
田中元検事、二審も実刑=9000万円詐取-大阪高裁(時事通信)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。