スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大相撲、暴力団観戦 文科副大臣「遺憾に思う」(産経新聞)

 日本相撲協会の陸奥生活指導部長(元大関霧島)らは27日、同協会を所管する文部科学省を訪れ、同省幹部に「(券が)ちゃんとしたルートで、ちゃんとした方に渡っているか確認していきたい」と釈明した。

 陸奥部長らはスポーツ・青少年局の布村幸彦局長らに一連の問題を説明。これに対し、布村局長らは「不祥事が相次ぎ、国民も心配している。不祥事を一つの糧として、生まれ変わった気持ちで取り組んでほしい」と要請した。

 また、鈴木寛・文科副大臣は同日の定例記者会見で「まだこういう話が出てくるのかと遺憾に思う」と述べ、協会を批判。「一刻も早く根本的にガバナンス(統治)を再構築をしてもらわないと、国技を担う協会として大変な問題だ」と指摘した。

【関連記事】
床山と幕下力士を聴取 相撲協会、賭博報道で
木瀬親方は戸惑いの表情
「重く受け止める」と相撲協会指導部長 文科省訪れ釈明
戦後初の部屋取りつぶし 求められる綿密な暴力排除対策 大相撲
暴力団の大相撲観戦問題 「社会的に許容できず、極めて遺憾」 警察庁長官 
虐待が子供に与える「傷」とは?

オーナーらに40億貸し付け=会員預託金を流用か―岡本倶楽部の不透明資金(時事通信)
ネットに個人情報公開され…退職や懲戒処分も(読売新聞)
事業仕分け 4割強が「一者応札」 建設8団体(産経新聞)
宮崎・口蹄疫 えびの市沈静化か(産経新聞)
「金魚検定」博士いまだゼロ、修士・学士も新設(読売新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。